サロンとクリニックの脱毛の違い

ムダ毛を自己処理せず専門家に施術をしてもらう場合は、エステサロンとクリニックがあります。

エステサロンとクリニックは、機関が違うだけで処理方法や使用する機器も同じだと思っている人もいるかもしれませんが、実際には大きな違いがあります。

サロンで施術を行うのはエステティシャンで、一般的に光脱毛となっています。



これは照射力の弱い光で毛根に熱変化を起こし処理をしていきます。

この光は、脱毛以外にも色素沈着やくすみ、毛穴の開き、キメなどを改善し美肌効果も期待できます。脱毛未経験者が心配するひとつに、施術中の痛みがあるのではないかということです。

サロンは、クリニックと比べ痛みを感じることはほとんどありませんので、恐れる心配はありません。

全国に多数存在するエステは、一人でも多くの顧客獲得のためにいろいろなお得キャンペーンを展開し、気軽に通いやすいように取り組んでいますので、一度利用してみるのもいいでしょう。


クリニックで施術を行うのは医師で、方法は医療レーザーで行います。これは特殊な波長の照射力の強いレーザーを肌にあて、毛穴の毛根と新たに毛を生やす指示を出す細胞を破壊していきます。

そのため、一生ムダ毛が生えない永久脱毛をすることができます。



効果が高い分、施術中の痛みはありますので、麻酔を打ってから施術する人もいます。

このレーザー脱毛は黒い点に反応することでムダ毛を処理していますので、日焼けをした肌や肌色が濃い人などは火傷をすることもあります。



医師が施術する前に肌状態を見て判断しますので、心配はありません。もし万が一のトラブルが生じても医師が早急に対処しますので安心です。