脱毛の施術が出来ない人

脱毛を希望したい場合にはすべての人が申し込みをすれば必ずしも契約が出来るとは限りません。


高校生など未成年の場合には親の同意書が必要ですし、成人の人でも持病を抱えているケースでは場合によっては主治医の診断書や許可が必要な事もあります。



また脱毛の施術中に妊娠した場合にも施術を断るケースはほとんどです。
これは胎児や母親に影響があるという訳ではありませんが、影響が全くないとも言い切れない部分もあります。

脱毛では毛周期の成長期の時期に施術を行う為、妊娠すると毛周期のサイクルが乱れやすい事から効果的な施術が出来ないという点が大きな理由でもあります。

また施術中は同じ体勢を取ったり、サロンの独特な臭いで気分が悪くなる人もいます。



体調が急変しやすい事や肌荒れがしやすい点から遠慮してもらう所が多いでしょう。



出産後はしばらくホルモンバランスが崩れやすく、同時に毛周期も乱れやすい為、開始のタイミングとしては出産後生理が再開してからとしている所も多いです。

それでも妊娠中にムダ毛が気になるという人もいますし、妊娠中で挙式を挙げる人など、出来ればムダ毛を処理しておきたい人もおり、サロンなどでは妊娠中の女性に対してシェービングを行う施術プランを実施している所もあります。とはいえ、妊娠中や産後はホルモンバランスで体毛が濃くなる時期でもあるので、肌荒れなどの影響を考えるとしばらくはお休みをしている方が賢明な場合もあります。